独立系女性FPとしての活動や、日々感じることなどを楽しく綴っていきたいと思います♪


by seikatsu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今度の日曜(6/3)、10時からマネ達の特別講座を開講いたします!
テーマは、「子育てしながら働く お母さんのためのセルフケア」です。

今回は、ご自身も4人のお子様を育てながら、産婦人科医として精力的に活動をされていらっしゃる吉田穂波さんを講師にお招きします。

3人目のお子様を出産してすぐに渡米し、ハーバード公衆衛生大学院に留学されたというから驚きです。卒業後に第四子を出産されたそうですよ。

出産と同時に働くことを考え直す方が多いと思いますが、吉田さんにはそんな発想はまったくありません。きっと多くのコツを見出しているに違いありません。

また、子育てのみならず、働く女性の健康管理(セルフケア)についてもお話いただきます。女性の体はデリケートといいますよね。体のケアのみならず、心のケアもとても大事です。実際に、世界中で多くの女性をケアしてきた専門家である吉田さんから、しっかり学べるとてもいい機会になると思います。図らずも、私も病気をしたばかりなので、今後の自分のケアのためにも、とても参考になりそうです。

よろしければ、ぜひご参加ください!
http://www.370415.com/school.html

「八ツ井のブログを見た」とおっしゃっていただければ、ご招待いたします!^^


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-05-30 15:32 | セミナー
今月号の『Financial Adviser』に登場しています。よろしければ、ご覧ください。といっても、FP向けの専門誌なので、あまり目にされる機会はないかな。。

いつもの連載と取材記事と2つ登場しています。
実は、この取材、退院後の取材第一号で、何となく病み上がり的な表情が(自分としては)笑えます。連載にはいつもの写真(ブログでも使っているショートの顔写真)が掲載されており、何と1冊で2つの顔が見れるおもしろさが、、、、ないですね、はい。

連載の原稿締切は、入院中だったので、入院前に書き上げようと思ったのですが、それがかなわず、退院後に必死になって書きました。いま思うと、なかなかがんばっていたように思います。自分で言うなって(笑)。

といいますか、こんなに体力が落ちるとはまったく分かっていませんでした。分かっていたら、入院前にもう少し必死になって書いていたと思います。想定が甘かったです、、、反省。。

6月に入りましたら、徐々に相談業務も始めていきたいと思っています。日々、順調に体調は良くなってきていますが、ここで無理をして回復が遅くなっては、かえっていろんな方にご迷惑をお掛けしてしまうので、もうしばらくは体調と相談しながらお仕事を調整させていただければと思います。ご容赦ください、、、

いやいや、健康は財産ですね。日頃、自分でよく言っている表現ですが、われながら的を射ています(笑)。みなさまも、お気を付けください!^^


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-05-25 12:18 | メディア
e0180745_1217148.jpg携帯電話を変えました。仕事用と私用と2台持っているのですが、私用の方です(090-8454-××××)。10年以上使用していたので、突然懐かしい人から電話があったり、というサプライズは今後はなくなってしまいます・・・・、が、仕方ないですね。

写真は新しい携帯、というかPHSです。かわいいでしょ(笑)?携帯にまったくこだわりがないので、機種代が無料のタイプを選びました。となると、選択肢はこれしかありませんでした。

携帯を変えた理由は3つ。
いままで使用していた携帯が、単純に壊れてしまったこと。ここ最近通話がまったくできませんでした。もう一つは、PHS(ウィルコム)の安い通話料に関心があったこと(ただ、これまでの携帯(SB)では、月1000円くらしから支払っていなかったので、実は高くなってしまうのだが・・・)。3つめは、携帯の電磁波が健康によくないということを知ったから、です。

私の“健康オタク”で関心を持って読んだ本によると・・・・、と書いていくと、また長文になってしまいそうなので、やめますが(笑)、海外ではすでに携帯電話会社による健康被害が訴訟沙汰になっていて、実際、携帯電話会社が負けているそうです。日本でも、実はいま訴訟が起きています。ただし、これは基地局から発せられる電磁波から起こる健康被害によるものです。現在、携帯電話会社3社の基地局の場所は公開されていません。ちょっとおかしい気がします。

病院で使用されるのはPHSのみというのは、よく知られた話ですが、あらためて考えれば、やはり携帯は体によくないのでしょうね。ちなみに、IH調理器から発せられる電磁波の影響も大きいそうです。おそらくこれから問題が表面化してくると思います。電子レンジの多用も気を付けた方がいいみたいです。

携帯でいうと、特に小さなお子さまの使用は控えた方がいいと思います。新陳代謝が活発で、これから体が作られる過程ではさまざまな影響が考えられるそうです。イギリスではすでに子供の携帯利用を規制しているとか。ちょっと怖いです。便利なものも、「使い方・付き合い方」が大事になりそうです。

私が読んだ本をご紹介しますね。

電磁波の何が問題か

電磁波の何が問題か
著者:大久保貞利
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ケ-タイで脳しゅよう

ケ-タイで脳しゅよう
著者:船瀬俊介
価格:1,050円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












*私見も含まれますので、ご自身の判断でお願いいたします。


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-05-20 12:31 | 日記

ご報告

退院から3週間が経とうとしています。
お陰様で、だいぶ体調はよくなってまいりました。

重いものを持って出歩くのは難しいですが、歩くこと自体はだいぶ普通にできるようになってきました。ぺったんこの靴を履いて、テケテケ歩いている感じです(どんな感じだ?)。自分のハイヒールを見て、「よくもまぁ、こんな靴を履いて歩いていたもんだ」と妙に感心してしまいます。^^;

体力もだいぶ回復してきました。ここ数日、とても体調がいいです。昼寝をしなくても平気になってきましたし(笑)。でも、調子に乗って、朝から洗濯して、お買いものして(近所のスーパー)、お料理して、と立て続けに動いたら、ちょっとシンドくなってしまいました。母親が作り置きしてくれた煮魚がたいへん役立っています。本当に感謝です。あ、今日は母の日ですね。

しばらく相談業務も控えております。本当に申し訳ございません。
椅子に座って数時間、PC操作をしながらコンサル業務を行うのは、準備やアフターフォローまで含めると、ちょっとまだ負担感が否めません、、、一部、「ちょこっと診断」や一度ご相談に来られていらっしゃる方のフォロー相談など、特に準備の必要がなく、1~2時間程度のお話で対応できるものについては、少しですがやらせていただいています。

原稿を書くお仕事は、自宅でちょこちょこ行っています。退院1週目はすぐに疲れてしまっていましたが、いまはこうしてブログを書いているように、だいぶPCに向かっていても疲れなくなってきました。ありがたいことです。

退院の前に、病院からいただいた退院後の生活に関する注意点のパンフレットをあらためて見ると、術後1カ月は重いものを持つようなことは避けた方がよく、旅行やスポーツができるようになるには2~3カ月かかるようです。私の完全復帰にも、もうしばらく時間をちょうだいしなければならない感じです。まったくもって心苦しい限りです。

まだしばらくご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
本当に申し訳ございません、、、

支えてくれる家族に感謝、スタッフに感謝です!(T_T)<(_ _)>


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-05-13 13:14 | 日記
数年前から、体に身につけるものはできるだけ“自然のもの”を心掛けるようになりました。キッカケは話すと長いので省略しますが(笑)、おもに食事を気を付けていました。ただ、今回の自分の病気でそれ以外にも大事なことがあることに気づかされ、まず読んだのは『見てわかる!図解経皮毒』です。衝撃的でした。

この本によると、外部から体内に何かしら取り込むには、入り口は3つ。口から食べる・飲む(経口吸収)、口鼻から吸う(粘膜吸収)、皮膚からの吸入(経皮吸収)だそうです。

口からの経口吸収の場合、体に毒と判断されれば、吸収されずに体の外に排出する機能が優れていて(嘔吐、下痢など)、それでも侵入してきた毒は、なんとその9割は解毒されるのだそうです。スゴイですね。このとき大活躍するのが肝臓。肝臓は、大事にしないといかんぞう!ということです。・・・・、すみません。

粘膜吸収は、肝臓でのフィルターが効かず、もっと危険だとか。呼吸によって肺から入った有害化学物質は心臓を経て、直接血液で運ばれ体内に吸収されてしまいます。

ダイオキシンやアスベストなどの事例からも、時に生命にかかわるほど重大なことになりかねないことが分かります。ここでは、家庭用の電子蚊取りや衣類の防虫剤、乾燥剤・除湿剤、芳香剤、消臭剤、壁紙・塗料など安易に使用することに警鐘を鳴らしています。量は少なくとも、それが体内に「蓄積」されることで、いずれ体に支障をきたすのだそうです。これは経皮吸収についても同様です。

皮膚に水を1滴たらしてみてください(あ、いえ、想像で結構です)。当然、皮膚にしみこむことはないですね。これは葉が水をはじくのと同様に吸収しない粘膜が皮膚や葉の表面にはあるからです。ただし、それを溶かして侵入される技術が医療の現場で開発されました。飲み薬よりも粘膜吸収、経皮吸収の方が即効性があるからなのだそうです。

この医療の技術が日用品に使われていることが問題であると筆者は訴えています。なるほど。この皮膚への侵入を促進するものと化学物質が使われているシャンプーやリンス、ボディーソープ、洗剤などを使用すれば、体に有害な化学物質までも経皮吸収されてしまうという理屈です。1回あたりは少しの量であったとしても、体内に確実に蓄積されてしまい、ある日突然アレルギーや中毒症を引き起こすことになりかねないとか。これが経皮吸収の怖いところです。

ただ、直接的な因果関係を説明するには発症するまでに時間がかかるので、非常に難しいのだそうです。とはいえ、経皮毒が体内に蓄積されていくプロセスは、非常に合理的な気がします。

皮膚をかりに広げると、畳一畳分程度の表面積があるそうです。部位によって吸収しやすさは異なり、簡単にいうと皮膚の薄いところは吸収しやすいです。もっとも吸収しやすいのは性器とか。なので、肌着、女性の生理用品、赤ちゃんやお年寄りのおむつには気を配る必要があります。

この本にはあまり触れられていませんでしたが、個人的に聞いた話では、生理用品やおむつには再生紙が使われていて、その再生する過程で使われる化学物質が紙ナプキンや紙おむつを通して経皮吸収されてしまうそうです。ですから、紙ではなく、布を使った方がいいそうですよ。私もいまは布ナプキンを使い始めました。ゴミも出なくて、エコともいえそうです。

この本ではシャンプー・リンスに重きをおいている感じです。毎日のことですし、確かにそうですね。本の後ろには気を付けたい成分が一覧で掲載されています。さっそく、自分のシャンプー・リンスで見てみましたが、愕然としました。自然派で売っているところのシャンプー・リンスでしたが、とんでもないです。結局、体にいい「エキス」が入っていたとしても、それと一緒に有害な化学物質が使われていては意味がない気がします。

シャンプーやリンスなどを選ぶときには成分をみて、判断する必要があるといえそうです。

といっても、素人ではなかなか判断できないですよね。この本の残念なところは、経皮毒が悪いと分かっても、どういいものを選んでいいのかが分かりませんでした。

なので、私が勝手に思うに(笑)、できるだけたくさん成分が書いていないものを選ぶことがとりあえずの方法としては比較的有効ではないかと思います。アルファベットがたくさんあれば、それも避けます。何らかの元素記号かと思うと、化学っぽいじゃないですか。

とりあえず、この本によると、
プロピレングリコール
ラウリル硫酸ナトリウム  が入っていれば、避けた方がいいようですよ。

こうした日用品は、自然のものを使っていては作れないので、化学物質を使って大量生産された背景があります。価格が安いだけで、選んでいては、もっと大切な健康を失う可能性があるのですね。

大量生産、大量消費――。それで経済が発展、でしょうか?
「経済」って何ですかね?
経済だって、結局は「人」が動かすものです。
人が犠牲になることが前提の発展って、何なのでしょう?
お金?
そんなにお金って大事なのでしょうか。

と、つい、いつも「お金」に絡めて事象を見てしまいます。
FPの性(さが)でしょうか(笑)。

ともあれ、身につけるものは、無理に節約しない方がいいと思っています。
いかがでしょうか?

*私見も含まれますので、あくまでご自身の判断でお願いいたします。。。


見てわかる!図解経皮毒

見てわかる!図解経皮毒
著者:山下玲夜
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

















家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-05-11 14:38 | 健オタかぶれ
ミレニアム(1 〔上〕)

ミレニアム(1 〔上〕)
著者:スティーグ・ラーソン
価格:840円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ミレニアム(1 〔下〕)

ミレニアム(1 〔下〕)
著者:スティーグ・ラーソン
価格:840円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ようやく上下読み終わりました。いやいやおもしろかったです♪

『ミレニアム』は、世界中でメガヒットしているミステリー小説。私が読んだのはまだ第1部のみですが、シリーズは第3部まであります。ご存知の方も多いですよね。

本国スウェーデンで第1部が発売されてから3年で、シリーズ合計290万部を売り上げたそうです。この数字がいかにスゴイかご説明しましょう!外務省のHPでスウェーデン王国の人口をみると、950万人とあります。つまり、計算すると3割強の人がこの本を購入した計算です。1人で3部作を購入したと考えても、およそ10人に1人買っている計算ですから、めちゃめちゃ売れたということですね、、いやいや、スゴすぎてもう言葉もありません。


私がこの作品を知ったのは映画が先でした。劇場での予告編で興味を持ち、『ドラゴン・タトゥーの女』を観ました(2011年ハリウッドが第1部を映画化)。これがですね、おもしろかったのですが、少々、少し、いやかなり(??)消化不良でして、、、事件が複雑なので、単純に頭を整理しながらストーリーを追っていくのがたいへんだったのと、どうも事件の解決の描写が雑な気がして(←偉そうに…)、それでこれは原作を読むしかない!と思いました。

原作は結構分厚い文庫本で、しかも上下ありました(笑)。やはり登場人物の家系は複雑なので、ある意味、映画で“予習”できてよかったかもしれません。

読み進めている途中、人物の関係を頭の中だけで整理することに限界を感じ、家系図をようやく書き出しました。誰が誰の子で、誰が兄弟姉妹で、誰が生きてて、誰が死んでいるのか、頭の中を整理したところ、これが思った以上によかったです。ますますのめりこんでいきました。もう1回映画を観れば、かなり映像を楽しめると思います。^^;もし、これから原作を読まれるのであれば、はじめから家系図を書きながら読み進めることをオススメします。^^

しかし、何といいますか、映画と原作は結構違いました。映画の前半はおもしろいんですが、後半疲れてしまったのでしょうか(そんなことはないか)?かなり端折(はしょ)っています。んーーー、原作を読んでしまうと、ちょっとガッカリ感がありましたねぇ、私的には、、、

スウェーデンでも2009年にすでに映画化されています。日本でも劇場公開されていたようです、全然知りませんでした。こちらはレンタルDVDも出ています。借りたい衝動にかられましたが、第2部、第3部を読み終わってからにしようかと思っています。一体、いつになることやら…(笑)。とりあえず、第2部の上下は購入済です!


この作品を書いた作者スティーグ・ラーソン氏はすでに亡くなっています…。しかも、作品の発売前、50歳という若さで。心筋梗塞だったそうです(1日にたばこを60本吸うヘビースモーカーだったとか)。ここまでのヒットを知らずに亡くなってしまうなんて、とても残念ですね。。

彼のPCにはすでに第4部が途中まで書かれていたそうで、シリーズは10まで続くと言っていたとか、それくらいスケールの大きいストーリーが彼の頭の中にはあったそうです。いまとなっては、そのストーリーが誰にも語られないのが惜しまれます。ただ、第1部で残されている「謎」は第3部で一応の結論に達し、解決するそうです。そう、いまの私には別の消化不良を抱えることになってしまいました。^^

まさに“legend”となった作品といえそうです。
ミステリー好きの方にはオススメです!残りのGWは読書でもいかがでしょうか?(^o^)


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-05-05 19:50 | 読書・映画