独立系女性FPとしての活動や、日々感じることなどを楽しく綴っていきたいと思います♪


by seikatsu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「しあわせ家計をつくろう!」をメインタイトルに、「人生の3大資金を楽しく乗り切り大作戦」についてお話させていただきました。

ご参加くださったみなさま、またお世話になりました島根支部のみなさま、まことにありがとうございました!<(_ _)> 何か一つでも参考にしていただき、みなさまの家計が「しあわせ家計」になることを願ってやみません。

副支部長の古川さまが、当日の様子をブログでご紹介してくださいました。私が書くよりよっぽど詳しいので、よろしければご覧ください。^^

古川FPのブログ「勝手気ままなFP独り言」
http://blog.goo.ne.jp/furu-fp6565/e/34b767b28d8b5d073f3c33ab0bd1d93f

講演当日26日(土)の松江はとーってもいいお天気で、現地の方いわく、珍しいほどの晴天だったようです。んー、私ってば晴れ女かな。なんて。^^

e0180745_16243626.jpg午後2時の講演前には、予告通り(?)出雲大社に行ってまいりました。何を思ったか、売店でケンダマを見つけ、無性にやりたくなり、買ってきちゃいました。それが写真のシロモノです。^^;

しかし、な、なんと、網から取り出してみたら、しゅるしゅる~っとヒモがほどけ、赤い玉がコロコロと・・・。(゜o゜) って感じ。

このことをどう捉えたらいいのでしょうか?

不良品を買ってきて運が悪かった・・・、なんて思うはずがありません、私。きっとお仕事を忘れてケンダマに夢中になってしまうであろう私に、神さまがそうならないよう留めてくださったのでしょう。うん、うん、きっとそうに違いない。^^;

あ、いえ、違うかも。ケンダマの玉を思いっきり振って、勢い余って人にケガさせてしまうことを防いでくださったのかもしれません。そのときにヒモが取れるよりも、最初から取れている方がよかったのかも。これかな・・・。

時にポジティブシンキングは、自己中心的ですが、それもまたヨシな気がします。^^

他にもおもしろいことがいろいろあって、書き綴りたいところですが、あくまで「出張」であり、「旅行」ではないので、自制心を働かせ、この辺にしておきたいと思います。^^

島根のみなさま、ありがとうございました!!<(_ _)>


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-28 16:38 | セミナー
まとめて投稿しようとしているのが、バレてきたでしょうか・・・(汗)。
ごめんなさい!!<(_ _)>

ネットマネー1月号(こちらも新春号!)に、いつもの連載と、「マネーミリオンQ&A」に回答者として登場しています。よろしければご覧らください。

今回で6回目の連載ですが、これをもって終了!
みなさま、ありがとうございました!<(_ _)>






家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-28 15:59 | メディア
いま発売中の『あるじゃん1月号』(もう1月号なのですね!)に、いつもの保険の連載と、特集記事「今イチバン増やせる預け先ランキング」に登場しています。よろしければ、ご覧ください。

誌面を見ますと、「人気FP12人にアンケート!」と。
んー、ここに名を連ねることができ、とても光栄です。(*^_^*) もちろんもっと素晴らしいFPの方は他にもたくさんいらっしゃいますけどね。

他にもおもしろいのは、「チキチキン投資レース」の連載。編集部の方々のリアルな運用競争です。何がいいって、この似顔絵。ご本人方を存じ上げている私としましては、“ソックリ!”としかいいようがありません。中身も自己資金を投入しているので真剣そのもの。途中経過もこっそり伺っちゃいました。どうやら次回は順位が大きく動くかもしれませんよ(笑)。いえいえ、見てのお楽しみ。

あ、私の連載もぜひお楽しみに(汗)!!(^o^)


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-28 15:51 | メディア
11月23日の日経新聞紙面に、保険に詳しいFPとして登場しています。

さまざまな家計を想定し、それぞれに対する保険プランニングについて事前にアンケートがあり、その集計結果として記事はまとめられています。


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-28 14:06 | メディア
今週の土曜は、日本FP協会島根支部さま主催のFPフォーラムで、お話させていただく予定です。

お近くの方はぜひいらしてください~!(遅い?)

セミナーは午後なのですが、ちょっと早めに島根入りし、出雲大社に行って来ようと思っています。いろんな方に助けられていまの私があるので、そうした「ご縁」に感謝の気持ちを込めてお参りしてきます。もちろん、婚活もお祈りしてこないとっ。^^

そうそう、神様にお祈りする際は、住所と名前をいうのをご存知ですか?
神様もいろんな人にお願い事されてたいへんらしいです。なので、どこの誰からのお願いか分かるように住所と名前をいう必要があるのだそうです。マンション名もお伝えした方が親切かもしれませんね(笑)。

いまから楽しみです♪

詳細は、こちらです。
https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=932


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-23 22:06 | セミナー
最初に断っておきますが、独断と偏見で書きますので、話半分で読み進めてください(笑)。

先日、ある若い中国人女性の方とお友達になりました(勝手に私が友達気分?)。彼女はとてもかわいくて、美人で、聡明で。。きっとモテルに違いないと思った私は(初対面なのに)「ストーカーにあわない?大丈夫?」とぶしつけに聞いちゃいました。

そこから日本人男性のアプローチ話になったのですが、どうやら日本人男性のみなさま、アプローチが弱いそうですよ!そんなくらいじゃー、中国人女子は射止められまへん。

中国では、男性からアプローチするものという意識が日本より強いみたい(←確か)。なので、とりあえず女子は「待ち」の姿勢。男子からの積極的なアプローチが必要とか。なるほど。

しかし、アプローチをしても、「本当に私のことを好きなのかしら?」と思うので、1回くらいではダメなんですって。

そこで、彼女と5分ほど話し合いを重ねた結果、アプローチの回数は「3~4回がヨシ」という結論に至りました。それ以上はアプローチしても意味ありません。あきらめましょう。でも、1回であきらめてしまうのもダメということです。

日本人女性の場合ってどうですかね?
みなさんはどうですか?
私?
んー、あえてコメントは避けます(笑)。

【結論】
中国人女子を好きになったら、本気度を4回見せましょう!

その後のことは、自己責任でお願いいたします。^^;


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-14 17:03 | little things
e0180745_1333864.jpg先日、お客さまからサプライズ!お誕生日プレゼントにかわいらしいマグカップをいただきましたぁ(涙)!

たいせつに使いたいと思います♪♪
ありがとうございました!!(*^_^*)












家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-09 13:33 | 日記
人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法
著者:近藤麻理恵
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

私があえて推薦するまでもありませんが、ご存知ベストセラー近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』、超オススメです!

どうも部屋が片付かないし、何だか(本が)売れているらしいし、読んでみようかな、と気軽に購入したのですが、これがまた目からウロコの連続でした。経験・実績に裏打ちされたそのテクニックは、「スゴイ!」の一言に尽きます。

特に「なるほどな」と思ったのは、片づけの順番です。近藤麻理恵(通称 こんまり)さんによれば、場所ごとの片づけはNG。「モノごと」の片づけを推奨しています。

たとえば、「洋服」ひとつとってみても、クローゼット、たんす、衣装ケースと分かれてしまっていては、どこか一つの場所を片づけても、他の場所から洋服がやってくれば、結局片づかないというのです。

思えば私、その通りでした。

また、収納グッズを買うのもNG。収納グッズはしまうためのモノですから、そもそもモノが片づかないのだとか。そう言われればその通りですよね。ですから、まず最初に行うべきことは、身の回りに置いておくモノの選別です。こんまりさん風にいうと、「ときめくモノ」しか身の回りに置かないのだとか。ふむふむ、納得です。

文章を読んでいると、こんまりさん自身がとてもモノを大事にしているのがよく分かります。一つひとつのモノにとても感謝して生活されています。実際、そうモノに声を掛けているそうですよ。私も読んでから、そうするようにしました(ときどき忘れちゃいますが・・・^^;)。

モノがあふれすぎている現代、ついモノがあるのが当たり前になってしまって感謝の気持ちを忘れてしまっていないでしょうか。こんまりさんは「片づけ」を目的に書かれているので、何か諭すようなこと言っているわけではないのですが、私たち現代人が忘れてしまっている大切な心を取り戻してくれるような、そんな本にも感じました。

なので、「人生がときめく」のだと思います。片づけ後、その人の人生がときめくのですって☆コレ、ありだと思います。^^

私は、風水とかよく分かりませんが、でも家の中がきれいであれば、気持ちもすがすがしくなって、いい気が巡る気がします。家族団らんが増えたり、ちらかってイライラすることもなくなって、モノも見つけやすいですから余計なストレスもありません。勉強や仕事もはかどるでしょう。そうすれば、自然に人生がときめくことも不思議ではありませんよね。

やましたひでこさんの提唱する「断捨離」も同様ですが、思い切ってモノを捨てて、シンプルに生きてみるといいのかもしれません。

これは「しあわせ家計」にも通じると思います!無駄なモノを買わない。必要なものを身の回りに置く。自然と家計はシェイプアップされていきますね。

私はFPとして、ムダなモノを買わないようにしましょうと言い続けてきたわりに、肝心の「モノ」に対して意識が薄かったなと反省しました。

ちょっとぐるりと見回してみてください。ずーっと使っていないのに大切に保管しているモノ、ありませんか?思い切って捨てちゃいましょう。次気付くのは、おそらく次の片づけのときだと思いますよ(笑)。

よーし、私も捨てるぞ!
ときめく人生を手に入れるぞぉ~(^o^)丿


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-07 18:13 | 読書・映画
来る11月13日(日)、東京国際フォーラムにて「住まいのセミナー」が開催されます。

第一部は、『バカの壁』でおなじみの養老孟司氏の特別講演。

第二部はパネルディスカッション。
明海大学不動産学部教授の中城康彦氏、全国宅地建物取引業協会連合会専務理事の市川宜克氏、そして私の3人が登場します。コーディネーターは、日経BP社の安達功氏です。

ご都合よろしければ、ぜひご参加ください~
がんばります!!^^

詳しい内容および参加お申し込みはこちらです。
http://www.zentaku.or.jp/public/training/seminar_consumer/index.html


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-06 23:01 | セミナー
とても遅くなってしまったのですが(汗)、先日私のセミナーを受講してくださった方から、「ぜひ八ツ井さんに読んでいただきたい」と、わざわざオフィスに来られて、ある詩をくださいました。とてもうれしく、ステキな詩なので、ここでご紹介したいと思います(ご本人のご了承いただきました)。

Creed for those who have suffered
I asked God for strength, that I might achieve.
I was made weak, that I might learn humbly to obey...

I asked for health, that I might do great things.
I was given infirmity, that I might do better things...

I asked for riches, that I might be happy.
I was given proverty, that I might be wise...

I asked for power, that I might have the praise of men.
I was given weakness, that I might feel the need of God...

I asker for all things, that I might enjoy life.
I was given life, that I might enjoy all things...

I got nothing I asked for --- but everthing I had hoped for.

Almost despite myself ,my unspoken prayers were answered.
I am, among men, most richly blessed!

【和訳】
神の慮り(おもんぱか・り)
大きな事を成し遂げるために 力を与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと弱さを授かった

より偉大な事ができるようにと 健康を求めたのに
より良き事ができるようにと病弱を与えられた

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人の賞賛を得ようとして 成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願はすべて別の形で届けられた

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
生きるうえで本当に大切なことを
すべて教えられた

私はあらゆる人の中で
最も豊かに祝福されているのだ


先日のセミナーとは、こちらです。
http://seikatsu3.exblog.jp/15659262/

このセミナーでは、以前のブログでもお話しように、いろいろなお金の手法以前に「お金」について考えていただいたセミナーです。何かの見直し方法といった手法的なお話はほとんどといっていいほどしていません。お金の大切さや尊さを再確認しながら、でもお金でしあわせは買えないこと、お財布よりもむしろ、心の豊かさについて、お金を通してお話いたしました。

なので、この詩はその趣旨にピッタリ。
「こうなりたい」という自分の像があったときに、その手段として「お金」や「権力」などが解決策だと思ってしまうかもしれませんが、本当は違うのですね。

願うようなモノがなくても、自分の与えらた環境の中でどう生きるかの方が大切で、その中で努力して得られたものこそが心の豊かさや満足につながるのだろうと思いました。

最初から与えられてばかりいては、人の痛みも分からず、優しい人になれません。痛みを知っているからこそ、人に優しくなれますよね。

最初から与えられていては、それが当たり前と思って、感謝の気持ちを忘れてしまいます。心の貧しい人がしあわせでしょうか?

最初から与えられていては、努力を怠ります。努力して成長して得られることの喜びを知りません。また、挫折を知ったときに這い上がるだけの力を持ち合わせていません。努力している人は強いのです。

「しあわせ」って、自分基準ですよね。
すでにみなさん、十分しあわせだと思いますよ。
モノで満たされることが、しあわせではないですよね。
あらためて、「心の豊かさ」を考えてみていかがでしょうか?

え?私ですか?
たくさん与えられていて、とってもしあわせです。(*^_^*)


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2011-11-05 12:31 | FP