独立系女性FPとしての活動や、日々感じることなどを楽しく綴っていきたいと思います♪


by seikatsu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TBS『みのもんたのサタデーずばッと』に再びチラッと・・・!

明日放送の『みのもんたのサタデーずばッと』にチラッと、私の名前が再び登場します。よろしければ、ご覧ください!^^

今回のテーマは第3号被保険者の年金問題だそうです。第3号被保険者とは、第2号被保険者の被扶養者をいいます。俗に言う“サラリーマンの妻”といわれる方々です。ただし、制度上、男女は問われませんので、「専業主夫」であってもOKです。また、公務員に扶養される妻であっても、同様に第3号被保険者となります。

さて、第3号被保険者の方といえば、現在年金保険料の負担がなく、将来国民年金部分から支給される基礎年金を受け取ることができます。さて、この保険料は「無料」なのでしょうか?

答えはNOです。
第2号被保険者全体で負担しています。

つまり、私のように同じ女性で、かつ独身であっても、第2号被保険者である限り、専業主婦(主夫)のみなさんの基礎年金支給に関し、間接的に負担しているのです。厚生年金保険料の計算方法を見れば分かりますが、被扶養者がいるいないに関わらず、同じ所得水準であれば、同じ保険料の負担になります。

この制度の是非は別として、第3号被保険者のみなさんには、「無料」ではなく、広く多くの方々に「負担してもらっている」という意識は持ってもらいたいなぁと思います。これは、私が書いた『お金の不安に答える本』でも触れました。

おそらくこのことを認識しているのは、第3号被保険者のみなさんのみならず、負担している第2号被保険者のみなさんもよくご存じないかと思います。なーんて、私もあまり偉そうなことはいえません(汗)。FPの勉強で習った記憶がありません(いまのテキストにはあるのかな??)。実務で知りました。

ちょっと制度を知っておくと、日頃のニュースも分かりやすくなってきませんか?か?
たまには、少しくらい役立つブログを書いてみました(笑)。

毎日暑いですが、がんばって乗りきりましょう♪


家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu3 | 2012-07-27 18:08 | メディア